プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3850 首都決戦

  今日7月2日、東京都議会議員の投開票日である。言ってみれば、首都決戦の日である。

1 独り言コラム
 全国民が、注目している選挙である。公示日直後の世論調査では、小池氏が率いる都民ファーストと自民党はほぼ拮抗していた。▲しかし、その後、自民党に、豊田真由子議員の驚きの裏の顔、稲田朋美防衛大臣の不見識な発言、それに、下村博文幹事長代理の政治資金問題と言ったスキャンダルや好ましくない問題が次々と露呈、都民に与えた影響は大きい。▲一方、公示日直前に小池都知事が示した豊洲移転政策も、築地活用を期すということで、二頭を追う曖昧な形になっていて、都民への印象は良くないようだ。▲さあ、最終的にどんな判断を下すのだろうか。投票締め切り直後の出口調査による速報に注目したい。▲ところで、今日は、東京で、もう一つの大勝負が行われる。30連勝をかけた中学生棋士、藤井そう太4段が、竜王戦挑戦者を決めるトーメントの2回戦を戦う。相手は、最近になって力をつけた佐々木勇気5段である。プロ入り後、無傷の藤井4段は、更に記録を伸ばすのだろうか。これまた、興味津々である。▲いずれも、夜、8時以降に、勝負がつく。

2 プライベートコーナー
 1時起床、体重測定不可。▲昨夜は、妹の通夜が、親戚の身近な者達だけで、粛々と行われた。あまりにも早い死に、言葉がない。胸が痛む悲しい夜だった。心から冥福を祈った次第である。

追記
 妹の通夜、葬儀に静岡に出向いたが、コンピューターを持参しなかったので、このコラムは、初めて携帯で作成した。操作に不慣れなため、途中で、幾度もデリートしてしまう始末、大変苦労して配信した。見直しもしていなかったおので、終わりの方で、見苦しい内容になってしまっていた。気が付いて、訂正したのは一日後というお粗末で、反省しきりである。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3851 負けた! | ホーム | 3849 神谷広志8段の28連勝の中身 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP