プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3851 負けた!

 昨日は、二つの大きな歴史的な勝負があった。その結果、少々興奮した一日となった。ここでは、おまけに、もう一つの負けにも言及した。

1.独り言コラム
 連勝を29まで伸ばしていた藤井聡太4段が遂に敗れた。半年以上にわたって負け知らずの同棋士が遂に負けたのである。同棋士だけでなく、注目していた多くのファンの中には、長く続いていた緊張が解けて、ほっとした気持ちになったのではなかろうか。▲対局は、前半から、うまく仕掛けた佐々木勇気5段が優位に立っていた。このようケースは今までにも幾度もあり、いずれは逆転するのではと、筆者は楽観視していた。。しかし、佐々木5段はスキのない好手が続き、残念ながらそれが叶わなかった。▲負けを覚悟した藤井4段は、最後はきちんとジャケットを身に着け、一口、二口水を口にした後、正座した姿で「負けました」と投了を告げた。堂々とした敗北だった。負けはしたが、同棋士に関しては、これからが本格的な勝負となる。▲これで、年内のタイトル戦への出場は消えたが、来年初めの王将戦、棋王戦へのチャンスはまだ生きている。今後の改めての健闘を期待したい。
 都議会議員選挙では、小池氏率いる都民ファーストが圧勝、長年第一党だった自民党が下野した。この結果、安倍内閣にも秋風が吹き始めたということになる。どんな形で挽回を図るか、安倍内閣の次の一手が注目される。世論の流れは一気に加速することもあり、一強、長期政権に赤信号が点ったといえよう。
 もう一つおまけだが、兵庫県知事選挙で、かつては、その毒舌に惹かれファンになったコラムニストの勝谷誠彦氏が立候補していたが、5選を期した井戸敏三氏が圧倒的に強く、かなり善戦はしたが、これまた無念の「負け」を喫した。また、口の悪いコラムニストに戻るのだろう。しかし、改めて、筆者が同氏のファンに戻ることはない。

2.プライベートコーナー
 4時起床。体重、63.0kg。▲昨日は、妹の告別式。内輪でしめやかに行った。▲ところで、昨日のブログは。初めて携帯で作成せざるを得ず、要領を得ないまま作成し配信したが、失敗が多く、見苦しい形での配信となった。その酷い出来に気づいたのが今朝で、あわてて修正したが、なんともお粗末な対応に、至らなさを反省している。(17-07-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3852 熱烈なファンから冷めて | ホーム | 3850 首都決戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP