プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3855 打ち歩詰めは禁じ手

 将棋では、最後に王様を射止める際には、「歩」を打って「王手」する手は禁じられている。今朝は、久しぶりに、話題のしりとりである。

1.独り言コラム
 前人未踏の史上29連勝を達成した藤井聡太4段が、昨日、連勝ストップ後の最初の対局に臨んだ。将来の名人位を狙う順位戦のC2クラスでの2局目で、相手は振り飛車を得意とするベテラン中田功7段だった。藤井4段は、序盤で「穴熊」の堅陣に組んだが、中田7段のうまい端攻めに遭って大苦戦、あと一歩で詰まされる絶体絶命の局面に追い詰められた。▲しかし、そこからが、藤井4段の面目躍如で、相手に、前に進めない「角」と「桂」と言った駒を渡さず、「打ち歩詰」を念頭に置いた守りに徹して懸命に堪えた。▲中田7段は藤井4段の「王」に迫ったものの、あと一歩の「歩」が打てず、双方ともに、禁じ手の「打ち歩詰」の回避を巡っての死闘が続いたが、ぎりぎり凌いだ藤井4段が、土壇場で、うまく攻めに回って逆転勝ちを収めた。12時間以上にわたる大熱戦だった。▲ところで、世界的な「禁じ手」と言えば、「角」、いや、「核」の戦力としての使用である。心配なのは、北朝鮮が、ICBMの開発に成功、核開発を進めていることである。何しろ、金日恩委員長が掴みどころのない、いわゆるパラノイアだけに、世界が不安を抱いている。▲不安と言えば、一昨日総務省が発表した日本の人口が、この1年間で、今までで最大の30万人が減少したという。筆者が住んでいる大津市の人口が34万人というから、この一年で、大津市がなくなってしまったくらいの大事件なのだ。▲あの広島に落とされた原発で、今までに40万人ぐらいの方が亡くなられたと言われている。大げさに言えば、日本は、この一年で、原発を一発食らったような大勢の方を失ったことになる。▲改めて思うが、人口減少は禁じ手であるべきと思う。何とかそれにストップをかけて、将来の日本の繁栄を祈念したい。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、62.9kg。▲梅雨の晴れ間を使って、2004年末に帰郷依頼192回目のお墓参りと今月2度目の散歩を行った。(17-07-07)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3856 アッと驚く | ホーム | 3854 エスカレート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP