プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3866 宇良らが快挙

 プロ野球も、大相撲名古屋場所も後半戦に入った。その初日の昨日、幾つかの快挙があった。

1.独り言コラム
 前日に白鵬の裏返しにされた宇良関が、昨日の8日目に、横綱日馬富士を破って初めてのうれしい金星を挙げた。角界に入門して14場所目での見事な超スピード快挙である。相撲内容は、宇良の本領を発揮したもので、決まり手は「とったり」だった。インタビューで、言葉に詰まり号泣していたのが胸を打った。▲一方、前日にその宇良を裏返しにした白鵬は、この日も無難に勝って全勝を守り、通算の勝ち星を1045とし、歴代2番目の千代の富士の記録と並んだ。これまた快挙だが、これは前座に過ぎず、元大関の魁皇関の歴代記録を塗り替えるのも時間の問題だ。▲それよりも、筆者の頭の中では心配事が芽生えている。白鵬は目下23連勝中で、双葉山の69連勝にジワジワと迫って来ていることである。日本の国技の相撲において、双葉山の69連勝は、角界の誇る花であって、外国人力士に塗り替えられることだけはあってはならないと思っている。逆に、白鵬は、これが最後のチャンスだと思って、密かにその塗り替えを狙っていることだろう。誰か、早く白鵬に土をつけて、筆者の心配を杞憂にしてほしい。▲プロ野球では、阪神が、後半戦の第一戦に見事な逆転勝をした。当面の敵である広島を僅差で破り逆転優勝に望みをつないだ。中でも、4回裏の2死ランナー無しからの3連打での逆転はお見事だったが、その文字通りの虎の子の「1点」を自慢のリリーフ陣で守り切ったのもご立派でちょっとした快挙だった。アンチ阪神ファンの筆者には、面白くない寝苦しい一夜だった。▲韓国の文在寅大統領が北朝鮮に首脳会談の申し入れを行っている。それを受けた北朝鮮の対応が注目されるが、もし、友好な対話に繋がるとしたら、この申し入れも、世界外交の快挙に繋がるかもしれない。▲小さな快挙だが、高校野球の死が予選で、我が母校の税所高校が、昨日の2回戦にも勝って、久しぶりに3回戦に駒を進めた。文武両道を誇っていたのは今は昔であるが、もう一つぐらいは勝ってほしい。今年の滋賀は、その文武両道に強い彦根東が強く、第一シードである。▲いずれにしても、快挙というのは、それなりの努力と決死の頑張りの上に咲く花である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63.5kg。▲仏壇の前には、両親、妻の遺影が置いてある。毎朝、お参りして会話するのだが、最近になって、両親の存命中に是非とも聞いておきたかったことがいくつかあることを悔やんでいる。主なものの一つは、過去帳に記載されている祖先のこと、今一つは、戸籍謄本に記載されている養子のことである。今更言っても始まらないことであるのだが、…、(17-07-18)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3867 ヴェグサシオン | ホーム | 3865 ファースト >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP