プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3876 相次ぐ辞任、おまけに不倫

 昨日は二人の大物たちの辞任表明があった。政界は大揺れ、流れは急である。そこに週刊誌が暴いた不倫騒動だ。それらの話題の主役たちが期待されていた3人の女性であるだけに、野次馬根性も加わって、筆者も久しぶりに生き生きしている。

1.独り言コラム
 一強の安倍内閣に迫っていた野党第一党の民進党の蓮舫代表が辞任を決断した。自らの求心力、統率力の貧弱さを悟ったからだという。そういう意味では、自らの力を見極める目を持っていた訳で、救いはあったといえよう。▲稲田朋美防衛大臣の辞任のニュースはその直後だった。彼女も、自らのシビリアンコントロールへの欠如への責任を悟ったようだった。遅きに失した感は免れないが、内閣改造前の辞任であり、何とかぎりぎり間に合った感じ、うやむやにならずに済んだは救いだった。▲この二つの大きな辞任の背景には、それぞれを支えて来ていた方々の辞任という見逃せない背景があった。蓮舫代表の場合には、最も頼りにしていた野田佳彦幹事長の辞任あり、それの後任人事で巡る対応でも、見通しが立たない難しい局面に追い込まれたからである。▲一方の稲田大臣の場合には、PKO日報の一連の問題を巡る特別防衛監察の結果の発表が今日予定されていて、防衛次官の更迭、陸幕長の引責辞任といった大きな人事が決断されたことが大きい。▲支持率の急激な降下で、揺れ動き出した安倍内閣は、この二つの大きな辞任劇を受けてどんな動きを見せるのであろうか。来週の内閣改造で、このピンチを脱することができるのであろうか。▲そんな急で大きな流れの中で、昨日発売された週刊新潮が安倍チルドレンの一人、今井絵理子議員の略奪不倫の話題をスクープした。渦中の今井さんは「一線を越えていかない」と強調している点が却って気がかりで、逆に正直な方だと思う。幸か不幸か、二つの大きな辞任劇があって、うまくゆけば、吹っ飛んでしまい、埋没しそうな環境下にあるが、そうはうまくいかないだろう。▲いずれにしても、これらの話題の主人公たちは、3人とも、広い意味で魅力的なヒロインたちである。失礼かもしれないが、筆者は、「野に置け蓮華草」の格言を思い出している。しばらく、この興味深い流れの展開に注目しよう。

2.プライベートコーナー
 4時起床。体重、63.7kg。▲庭の除草の仕事は厄介だ。帽子、頬かんむり、長袖のシャツ、手袋、靴下などで、完全武装して行うのだが、それでも、虫に食われる。ヒアリのような怖い話もあるだけに、虫と言っても侮れない。とにかく、夏場の戦いはまだ緒に着いたばかりの序盤戦、先の長い戦いだ。(17-07-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3877 一線を越える | ホーム | 3875 出て行け! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP