プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3883 安倍再々改造内閣

 新体制が発表された。この体制で支持率急落に歯止めがかかるのか、はっきりとした見通しは立たないが、感触はそんなに悪くない。果たして世論はどんな反応を見せるのか、興味津々である。

1.独り言コラム
 安倍総理は、自らのこの新内閣を称して、「結果本位の仕事人内閣」と名付けた。留任、横滑りが6人、再任が7人を起用し安定感を重視、新任を6人に抑えた辺りに、その狙いを感じさせる。▲ちょっとした味な人事は、河野太郎外相と野田聖子総務相、それに、火中の文科相には、ベテランの林芳正氏の起用だろう。この三人を入閣させたことに、安倍総理は人気の回復に期待しているのだろう。▲なお、敢えて、批判を恐れずに書くと、野田聖子氏は、多くの国民に人気があることは確かだが、筆者は彼女の力量を買っていないし、好きな政治家ではない。国家観やこの国をどうすべきかと言った肝心の国家哲学において、しっかりとした考えを持っているとは思えない。彼女は、稲田朋美氏と同様に、「野に置け蓮華草」の一人だろうと見ている。▲なお、この組閣について、安倍総理が記者会見をしたが、冒頭、総理は前国会でのいくつかの不祥事に、頭を下げてのお詫びから始めていた。ちょうどその頃、話題の築地場外市場で、大火事が起きていた。炎が永田町に飛び火しないことを祈る。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.6kg。▲昨日は、二日酔いで苦しかったが、月一度の検診に行った。血圧が少し低かったが、異常はなかった。とにかく、我慢の一日だった。(17-08-04)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3884 開けてびっくり玉手箱 | ホーム | 3882 脱お友達内閣 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP