プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3889 困惑がいっぱい

 地球上は様々な困惑でいっぱいだ。困惑の最たるものは、それらの困惑を人間の叡智でも解決できないものが少なくないことだ。

1.独り言コラム
 広島、長崎での原爆の日も、今年は72回目である。広島では30万人、長崎では14。5万人以上の方々が即死での犠牲者があったと言われている。恐ろしい核兵器の廃絶を願って国連では「核禁止条約」が採択されたが、それに不参加の日本の立場は微妙であって困惑している国民も多い。▲そんな中で、北朝鮮は核爆弾の小型化に成功し、米国の分析では既に60発程度も保有しているのではとの報道がある。加えて、ここに来て、米朝の威嚇、挑発の脅しのやり取りには、一触即発のリアリティを感じさせるものがある。市場はそれを受けて、円高が進む一方で、日本、アジアの株安が進んでいる。心配の種は尽きない。▲心配と言えば、世界遺産に認定されている中国四川省の自治州九寨溝でM7の大きな地震があって、13人が死亡し、3.2万人の観光客が避難しているという。地球がくしゃみをしたような地震は、世界遺産と言えども、前触れなく突然襲ってくるから厄介だ。困った災害だ。▲困ったと言うよりは、その取扱いに戸惑っているのがダイアナ妃が残した録音テープの存在だ。日本で話題になっている「一線を越えた」云々のスキャンダルとは異質で、伝統ある王室での話である。そのテープには、夫の不倫、ダイアナ自身の性生活に関することなど、驚きの内容がいっぱいである。どうやら、ダイアナ妃がこの事実を広く知ってもらいたいがために残したテープだとも言われている。英国民の困惑が覗える話題である。▲困惑と言えば、仕事師内閣と自ら命名した安倍再々改造内閣が、早くもそのお粗末さを露呈し始めている。安倍総理、官邸の困惑もさることながら、多くの国民が困惑している今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.2kg。▲庭の雑草は雨上がりの後は、その繁殖力が凄い。虫に食われることを防くため完全武装しての除草作業は、毎朝行う最も苦手な格闘技である。(17-08-10)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3890 フェイクじゃない! 緊張感&緊迫感漲る | ホーム | 3888 悲喜こもごもの昨日の滋賀県 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP