プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3890 フェイクじゃない! 緊張感&緊迫感漲る

 フェイクニュースが商売になっている昨今だが、フェイクでない緊張感&緊迫感でいっぱいなニュースも少なくない。

1.独り言コラム
 いきなり、「島根」、「広島」、「高知」という具体的な県名が、昨日の北朝鮮の国営放送の中に飛び出してきた。グアム着弾を目指したICBMの飛行ルートの中で告げられたのである。▲計画実行は今月中旬とされていて、5月にも発射されたと同じ、火星12型ロケットを4発を同時に発射し、グアム島の周辺30~40キロの海上に落下するだろうと発表している。▲ここに来て、米朝間のチキンレースは、俄かに緊張感&緊迫感を帯びてきている。米国内には、トランプ大統領らの圧力派とティラーソン国務長官らの対話派の対立があって、その具体的な対応には腐心しているようだ。この話題で、日本の株価も低迷している。▲いずれにしても、今までの北朝鮮の動きからすれば、これはフェイクや冗談ではなく、リアリティを帯びた内容だけに心配だ。上空を通過すると名指しされた県民はもちろんのこと、日本国民の不安は高まっている。下手すると、いきなり、キナ臭い話になりかねず、今までにない緊張感&緊迫感が漲る。▲話題は変わるが、サニブラウン・ハキーム選手が世界陸上の200Mレースで決勝に勝ち進んだ。18才5か月のファイナリストは、あのボルト選手の記録を更新する史上最年少記録だそうだ。間もなくその決勝レースが行われる。緊張感&緊迫感が弥が上にも高まっている。(結果は、惜しくも7位に終わった)。▲天才棋士、藤井翔太4段が、昨日、名人戦に繋がる順位戦の第3局に登場、熱戦の末に勝ち切ってこの棋戦で3連勝を果たした。先の長い戦いが続くが、順位が下位で、一局も落とせないだけに緊張感&緊迫感はいっぱいだった。なお、昨日現在、藤井4段のプロ入り以降の通算成績は35勝3敗と驚異的である。▲そんな中で、国会は、PKOの日報問題について閉会中審査が行われたが、肝心の稲田朋美前防衛大臣が出席せず、緊張感&緊迫感を欠く内容だった。改造後、安倍総理が繰り返し口にする「丁寧な説明」は単なるお念仏に過ぎないのだろうか。お粗末である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、63。9kg。▲8月中旬から9月にかけて、地蔵盆や宇佐八幡の例大祭に伴う地元の行事があって、自治会の世話役である評議員の仕事も少し忙しい。昨日、依頼されていた会員への調査結果が纏まったので、役員に報告した。ほっと一息である。(17-08-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3891 山の日 | ホーム | 3889 困惑がいっぱい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP