プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3891 山の日

 山の日は、日本では16日目の新しい祝日で、今年が2度目である。馴染んでいようがなかろうが、多くの国民は祝日の増加を歓迎する。お蔭(?)で、昨日から3連休である。

1.独り言コラム
 国民の祝日に関する法律の第2条に、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とあるそうだ。8月に設置したのは、設定当時、祝日がないのが6月と8月だけだったことで選ばれたという。▲とにかく、日本は国土のおよそ7割が山岳地帯であり、世界でも屈指の山国である。それにもかかわらず、直近(2015年)の登山人口は、およそ730万人(山菜狩りといった本格的な山登りではない方々をも含む)と少ない。▲とにかく、「海の日があるから山の日もあってもいいじゃないか」といった程度の決め手に欠ける理由で誕生したいい加減さのある祝日である。▲昨夜のゴールデンタイムに、NHKは「北アルプス、ドローン大縦走」という特番を放送してくれていた。山に馴染みの少なかった筆者も、槍ヶ岳、穂高の絶景、観光地になっている上高地の賑わいなどに、心が和んだひと時だった。そういう意味では、海の日よりも、いささかでも実感できた祝日だった。▲山の日の祝日制定に尽力した方々の思いは、普段は山に関心の少ない人々にも山に関心を持ってもらうことが大事だと考えているという。まあ、そんな一日があっても悪くはないが、その程度の趣旨で祝日を創っていけば、日本は祝日大国になってしまいそうだ、▲因みに、世界各国の年間の祝日日数を比べて見てみると、コロンビアとインドが年間で18日でトップ、日本の16日は世界3位と高位置である。メキシコが7日で世界で最も祝日が少ない国だが、欧州も全般に少なく、イギリス、ハンガリー、オランダは8日で、世界で2番目に少ない国々だ。ところで、大国のアメリカだが、連邦の祝日は10日で、比較的少ない国である。▲毎日株式の動きに関心のある筆者は、アメリカに比べて日本は株取引日が随分と少なく、祝日日数の誓いを実感している。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、641kg。▲昨朝、薄暗かったので、庭の除草時に蜂の巣が落ちているのに気づかず作業していたが、気が付いて大慌て、必死に土をかけて退治、何とか事なきを得た。▲午後になって、自治会の仕事で地蔵盆のサービス券の配布で、乳児と幼児の区別が曖昧でうっかり誤配、回収して配布しなおす失態があったが、何とか事なきを得た。そんなことで、昨日は、事なきをダブルで得たラッキーな一日だった。(17-08-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3892 筆者好みの三浦さん | ホーム | 3890 フェイクじゃない! 緊張感&緊迫感漲る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP