プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4062 北の富士勝昭さん 

 ジャージア出身の栃ノ心の初優勝で今年の初場所も相撲人気の中で幕を閉じた。今朝は、NHKの相撲解説者の北の富士さんに、こmのブログを通じて、健康に今まで以上に気を付けてもらおうとのエールである。

1.独り言コラム
 かつてのNHKの相撲解説で、今でも記憶に残っているのが神風正一さんだ。立て板に水の独特の流暢な神風節には定評があった。1953年から1987年まで実に34年間に渡って担当された。野球の小西得郎さんと共に、ラジオ時代から筆者を楽しませてくれたNHKの名解説者だった。▲その神風さんを引き継いだのが現在のメイン解説者の一人、北の富士勝昭さんだ。第52代横綱で、優勝10回を誇る名横綱で、愛弟子千代の富士の引退を機に、潔く引退した。今は、舞の海さんと共にNHKの看板解説者(専属)である。▲もう20年近く続いている歯に衣着せぬ北の富士さんの辛口の解説にも定評がある。しかし、今場所気づいたのだが、同氏のおしゃべりが少しテンションに欠けることが幾度かあった。アナウンサーの問いかけにも間が開くこともあって何か違和感があった。特に千秋楽の昨日は、同氏の記憶も曖昧な部分もあって、時々の投げやり的な内容のお粗末さが気になった。▲同氏は一昨年の12月に心臓の手術を受け、昨年の初場所は解説を休んでおられる。今年75才というからお疲れが出ることも多かろう。正直な気持ち、少し心配である。今や、舞の海さんとのお二人は、NHKの相撲解説の看板だけに、今後も相撲ファンを大いに楽しませて欲しいと願っている。▲余談であるが、筆者は舞の海さんの解説が大好きだ。2年ほど前だったが、北の富士さんとの考え方が違っていて、その関係がぎくしゃくしたことがあった。しかし、そこは後輩の舞の海さんの大人の対応で、今は、表面的には、そのしこりはなくなっているように見える。年齢的に見ても、近い将来、舞に海さんがNHK相撲解説のエースになられることは間違いないだろう。研究熱心な同氏の解説をいつも楽しみにしている一人である。

2.プライベートコーナー
 2時起床、体重、63.1kg、▲すっきりしない寒い日が続いている。しかし、昨日は何時ものように昼間はファミレス、そして帰宅後には風花の舞う中を散歩した。気分はすっきりだった。(18-01-29)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4063 不細工な顔 | ホーム | 4061 栃ノ心、嬉しい初優勝 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP