FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4065 貴乃花親方が笑った

 元横綱貴乃花に笑顔が戻っていた。しかし、長期のだんまりの印象が強かっただけに、何となくぎこちなく見えた笑顔だった。

1.独り言コラム
 あの事件以来、貝のようにだんまりを決め込んでいた貴乃花が、昨日の午前中に行われた愛弟子、貴公俊の関取昇進のお祝いの会見に笑顔で同席していた。興味を引いたのは、その貴公俊は、先に関取に昇進していた貴源治の双子の兄だというのである。双子の兄弟の同時関取は、相撲界では史上初だそうだ。▲記憶にも残っていることだが、貴乃花親方は、前場所の番付発表後に行われた愛弟子の貴景勝が、初めて三役に昇進した際の会見には同席していなかった。ここに来て、その対応に大きな変化である。野次馬的な興味から言えば、今日、大相撲協会の理事選挙の立候補の届け出の日で、明日が投票という微妙なタイミングだということである。▲巷間伝えられる情報では、貴乃花部屋一門から、阿武松親方も立候補するとのことで、二人の票の取り合いで、貴乃花親方の落選は確実だという。そんな状況下での貴乃花の立候補は今一つ理解し難いが、昨日の笑顔を見ていると何か深謀遠慮を感じさせるものがある。筆者の独断的な見方だが、もしかしたら、阿武松親方が囮で、貴乃花が選挙で選ばれたという実績作りに狙いがあるのではと穿った見い方をしてしまう。いずれにしても、明日の選挙結果に注目したい。

2.プライベートコーナー
 2時起床、体重、62.9kg、▲1月度の散歩実績は、歩いた総距離が54.2km(前月49.3km)で、実施日数も24日を数えた。足腰を鍛えようと寒中をよく頑張った。(18-02-01)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4066 また快挙、藤井聡太中学生5段! | ホーム | 4064 めばえ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP