FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4066 また快挙、藤井聡太中学生5段!

 また、将棋界で史上初の記録が誕生した。藤井聡太中学生棋が5段に昇段したのである。

1.独り言コラム
 正直な話、藤井4段の対局がある日は、筆者の気持ちも朝から何となくルンルンである。一日中、同氏の将棋が楽しめるからである。最近は、ネットでの生中継、携帯での棋譜中継などがあって、その一手一手を生で楽しむことができる。昔は、将棋情報は、「週刊将棋」という新聞で、一週間遅れで勝負結果を知っていたということを思うと、実に便利な時代になったとつくづく思う。そういう意味では、観戦する筆者も、その緊迫する棋譜を追うことで興奮を楽しむのだが、その分、結構忙しく、深夜までもつれると疲れることも多い。▲昨日は、名人戦に繋がっている大事な順位戦の9回戦が行われた。この棋戦では今まで8戦8勝で、勝てば、C2クラスから昇級しC1クラスに昇級できるし、同時に4段から5段に昇段できる大事な対局だった。朝10時に始まった対局は、序盤では、藤井4段に作戦の齟齬があったようで、流れは相手の梶浦宏孝4段ペースで進んだ。夕食前後の状況は、むしろ梶浦4段が指し易い状況だったが、いつものように、終盤に近付くにつれて、藤井4段が本領を発揮、思い切った攻撃が功を奏し、次第に形勢を逆転、最終盤の難解な詰みを間違えず、13時間に及ぶ長丁場をに指し切り、貴重な勝利を挙げ、9戦全勝で、自力で昇級、昇段を決めた。中学生での5段は史上初めてだそうだ。▲筆者は藤井5段の戦いぶりに興奮を覚える。自分の王様を結構な危険に晒しながらも、相手の王に鋭く迫るスリリングな戦いぶりが多く、また、解説者が気付かない好手も多く、見ているファンを興奮させる。昨日の戦いもそんな際どい戦いだった。かつての郷田真隆9段の肉を切らせて骨を断つ戦いに似ているが、それよりももっと鋭く読み切った戦いである。難解な戦いになるが、それを読み切っているから凄い棋士だ。▲今月17日には朝日オープンの準決勝、決勝が行われる。藤井5段も先日佐藤天彦現名人を破ってベスト4に勝ち残っていて、準決勝では、公式戦で初めて羽生永世7冠との対局が予定されている。また、この日に連勝して優勝すれば、規定で6段に昇段となる。将棋ファンは中継から目を離せない。▲なお、昨日はA級のラス前の9回戦5局が同時並行で行われた。トップを走っていて名人挑戦権獲得にもっとも近かった豊島将之8段が敗れて、この日、渡辺明棋王を破った久保利明王将と6勝3敗で並んだ。二人は、3月2日に行われる最終戦で名人挑戦権を争う。若し二人共に敗れると、羽生竜王・棋聖にもチャンスが巡って来るし、最大6人のプレイオフの可能性もあって、大変な戦いが展開されそうだ、将棋ファンの筆者は今からルンルンで楽しみである。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重、62.6kg、この一年で最も軽い体重となった。体調は悪くないが、原因不明で少し心配。▲確定申告の準備を始めたが、どうやら、今年も還付金がありそうだ。(18-02-02)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4067 筆者のファン遍歴 | ホーム | 4065 貴乃花親方が笑った >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP