FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4067 筆者のファン遍歴

 大辞林の「ファン」の項には、「芸能、スポーツの熱心な愛好者。また、特定の俳優、選手、人物、団体などをひいきにする人」とある。

1.独り言コラム
 筆者の考えるファンの対象について述べてみたい。そもそもファンというのは、その対象人物、団体に、好意的な関心を持つことが始発点だろう。そこから、その惹かれる度合いで、単なるファンといったレベルから、熱烈なファンに至るまで、いろんなレベルのファンが存在する。▲その対象に好意を持つ背景には、一般的には、その対象の能力、技術、思考、嗜好、趣味、歴史、或いは、単に外見的な美的要素などが関与している。また、その変形パターンとして、好きになれない(嫌いな)対象のライバルのファンになる、アンチ〇〇ファンといったケースもある。▲またそのファンとしての惹かれる度合いには、追っかけをするぐらいの熱烈なものから、単に静かに見守りながら、応援してあげると言った程度の落ち着いた静かなレベルの通常のファンに至るまで、千差万別である。▲熱烈な場合には、その対象が勝負に負けたり、何かに失敗したりすると、精神的な打撃を受けて落ち込み、立ち直るにそれなりの時間を要するようなケースで、ファンの度合いも、精神的な支えになってしまっている過度の熱烈さがある。▲今までの筆者のファン歴を総括してみると、一時は、熱烈なファンになって、その対象が戦っている場合には、強い関心を持ってネットなどでフォローし、負けた場合の落ち込みは半端でなく、精神的な影響を受けた対象がいた。ゴルフの宮里美香さんや将棋の郷田真隆9段、或いはプロ野球のその時点でのひいきチームだった。▲宮里美香さんの場合は、宮里藍選手が好きになれず、そのアンチファンとして興味を持ち始め、その後、彼女が若くして海外に渡って頑張って来たという彼女の履歴にも惹かれていた。しかし、一昨年頃から力が落ち、予選落ちが重なたことで魅力がなくなり、今では完全にファンから離脱し、関心が消えている。▲郷田真隆9段については、羽生・森内さんなどの永世名人が大活躍する中で、うずもれていた棋士の一人で、その潜在的な能力に惹かれて熱烈なファンになっていった。その「肉を切らせて骨を断つ」といった豪華な勝ち方に大いに惹かれ、同棋士が負けると、その落胆が大きく、暫くは精神的に落ち込むと言った影響を受けていた。しかし、最近ではその豪華な勝ち方の魅力が失せ、熱烈なファンからは離脱、単なる元カノといった普通のファンになってしまっている。▲話は一転するが、アベノミクスで株価が上がり、その恩恵を受けているという広い意味で、筆者は安倍総理のファンである。因みに政界でのファンについて語れば、かつては、社会党の書記長から委員長になった成田知己さん、最近では元民主党代表だった前原誠司さんの大ファンだったが、前原さんについては、「言うだけ番長」と揶揄されるに至り、この間の総選挙での大失態でファンから離脱した。▲因みに、芸能界では、ラジオ時代に、アンチ美空ひばりさんということで、島倉千代子ファンだったが、テレビ時代になって離脱。今では、水森かおりさん、ごく最近では、唄のうまい美人歌手の市川雪乃さん また女子アナでは、桑子真帆(NHK)さんや中谷しのぶ(読売テレビ)さんを何となく応援している。▲そんな中で、プロデビュー後、快進撃を見せている藤井聡太5段への関心は相当で、同氏の対局がある日は、筆者は、朝からルンルン気分で、その対局を楽しんでフォローしている。彼の魅力は、その棋力の潜在能力である。自分の王様が裸になっても、切り込んでゆく強さは、かつての郷田9段の肉を切らせて云々の一回りも、二回りも優れたもので、その魅力には底知れぬものがある。かくして、筆者は熱烈なファンになりつつあるが、彼が負けたからと言って、そんなに落ち込まない。来週は2局の予定が組み込まれているし、17日には6段をかてた羽生さんらとの対局が予定されている。言ってみれば、オリンピック以上に楽しみにしている大勝負である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床、体重、62.9kg、▲昨日の午後は、寒さも少し緩んだようだったので、散歩もいつもよりも距離を延ばし、近所の柳川河口まで歩いた。関心があるのは、河口付近の様子で、雨量、風波、それに琵琶湖の水位の影響を受けて、微妙に河口の形状を変えている。昨日も、川の流れが大分変っていて。対岸に渡れそうな川幅の処もあったが、飛び越えるのは、今の高齢を考えると無理なようだので諦めた次第である。(18-02-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4068 1/100秒との戦い | ホーム | 4066 また快挙、藤井聡太中学生5段! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP