プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4072 先行き不安

 何事も先行きは不安を伴うものである。今朝は、今現在先行き不安に思っている3つの事案を取り上げた。

1.独り言コラム
 先ずは株価の先行き不安である。ここ数日の株価の乱高下は凄い。日米ともに株価は大揺れだ。昨日で一旦落ち着いたように見えたが、その経過内容は激しい乱高下を内包していて、不安はぬぐい切れていない。今朝の米国ダウも、300ドル以上の大きな巾で乱高下を見せていて、先行きは読めない。米国FRBの利上げ政策がらみの乱高下だそうだ。プロの投資家は、この種の不安定な動きを大チャンスと見て大儲けしているのだろう。▲大雪で立往生の車の運転手さんらの不安はもっと深刻だろう。自らの命に係わるアクシデントであるからだ。1000~1500台の車が身動きもできなくなって、10~30時間といった長時間の大変な苦しい戦いが続いている。自衛隊の頑張りが改めて特筆されるが、閉じ込められたままの運転手さんたちの不安が解消されるにはまだまだ時間がかかりそうだ。▲真子さんの婚約延期が明らかにされた。週刊誌で取り上げられた小室家の家庭事情が絡んでいるようだ。表の理由として日程的に無理があると説明されているが、今更そんな理由は筋が通らない。2年先までの延期とされたと発表された。まさか、その狙いが、「人の噂も75日」の類で、時間稼ぎをしたとは思わないが、しっくりこない延期話である。皇室のおめでたい話で恐れ多く、軽率な話は控えねばならないが、最悪の事態も検討の中に入って居ると見ていいのではなかろうか。▲かねてから2020年オリンピックを楽しみたいと望んでいた筆者だが、新たに真子さんのご成婚もお祝いした気持ちも加わった。しかし、気がかりは、筆者がそれまで生きているかどうかで、その不安も小さくはないと思っている今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、63.4kg、▲昨日の午後、前日空振りに終わった息子がお世話になっている病院を再訪した。二日連続この病院に通うのは初めてである。適切な引用でないが、「一病息災」の気持ちで、同種の軽率なミスを犯さぬように気を付けたい。(18-02-08)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4073 もう始まっている! | ホーム | 4071 ほっと一息の株価だが、今後の読みは難しい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP