プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4076 宵待ち草

 ファンはせっかちである。平昌オリンピックが始まってまだ二日間か終わっただけなのに、何故か、この名曲の歌詞が、筆者の脳裏を占有している。

1.独り言コラム
 「待てど暮らせど来ぬ人を/宵待ち草のやるせなさ/今宵は月も出ぬそうな」。これは、皆さんご存知の竹久夢二さんの名曲、「宵待ち草」の一節である。この歌詞がの「人」や「月」をメダルに置き換えると、今の筆者の気持になって、心に痛くしみる昨日、今日である。▲筆者をそんなやきもきした気持ちにさせたのは、開会式翌日のスピードスケート女子3000mで、期待の高木美保さんが5着に終わったことだった。よく頑張ったことは確かだが、メダルを期待していた筆者だっただけに、何となく吹っ切れず、気分を重くしてしまったのである。▲15歳の中学生で選ばれてバンクーバーオリンピックに出場したが、その結果は今一つだった。その上、前回のソチオリンピックには選ばれず、落胆の憂き目、苦しい日々を経験した。しかし、彼女はそれの悔しさをばねに頑張って、今回のリベンジのチャンスを得た。それだけに、本人もファンも、その初戦に大きな期待をしていたのである。▲さて、彼女にとっては、今夜が勝負である。彼女の最も得意とする1500mでの戦いだ。大変な重圧のかかる厳しい戦いとなろうが、それに打ち勝って、色の良いメダルを奪取し、もやもやを吹っ飛ばして欲しい。朗報を期待して今宵は待つことにする。

2.プライベートコーナー
 1時起床、体重、63.4kg、▲平昌オリンピックが始まっても、筆者のルーチンライフは変わっていない。9時半頃から2時頃まではファミレスで過ごし、3時頃に散歩、5時過ぎに夕食、そして8時過ぎには寝てしまう平凡なパターンの日々である。しかし、その幸せ感を結構エンジョイしている今日この頃である。(18-02-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4077 嬉しいメダルのミニラッシュ | ホーム | 4075 微笑み外交の腹黒い狙い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP