FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4079 銀、銀、銀、銅、プラスαで大感動の一日

 昨日のオリンピック6日目、今大会初の金メダルが期待された注目の3種目が行われたが、いずれも大感動の熱戦の連続に大興奮、大感動の一日とだった。しかし、いずれも悲願の金には肩透かしの一日だった。▲一方、国内では、藤井聡太5段の相変わらずの快勝譜にも感動したが、唯一、株取引だけが円高の煽りを受けて、このところ、損、損、損の連続で大損失の苦杯の最中にある。「一病息災」という神様の思召しだろうと良い意味に解釈して自らを慰めている。

1.独り言コラム
 午前中の男子スノーボード男子ハーフタイプ決勝は見ごたえのある好勝負だった。期待の平野歩夢選手は、土壇場の終盤まで暫定首位をキープ、金メダルの可能性を確保していたが、最終演技者の米国ショーン・ホワイトの渾身の見事な演技で逆転を食らって銀メダルに終わった。土壇場に追い込まれてプレッシャーのかかった状況下で見せたホワイト選手の圧巻の演技に脱帽、無念ではあったが納得の銀メダルだった。不謹慎なことだが、ホワイト選手の最後の演技中に、「しりもちでもついてくれ」と思っていた自分がいたことは確かである。それというのも、戸塚優斗選手が2回目の演技中に側壁に身体をぶっつけたことで立ち上がれず、担架で病院に運ばれた事故が遭った。幸い、命には別条はないようだ。言うまでもないことだが、この種目は大けがと背中合わせの大変なスポーツである。▲夕方から始まったノルディック複合ノーマルヒルでは、ここでも金メダルの期待が大きかった渡辺暁斗選手が大健闘、前半のジャンプで3位の好位置につけたが、後半の距離(10km)で、ソチオリンピック優勝のドイツのエリック・フレンツエルとの争いとなり、勝負処の心臓破りの上り坂でのスパートに屈し、2位に甘んじた。最後のスパートを巡る駆け引き、デッドヒートには、思わず手を握りしめて中継画面に見入っていた。これまた大感動の手に汗握るドラマだった。▲夜に入っては、スポードスケート女子1000メートルが圧巻だった。日本のエース小平奈緒選手と先の1500メートルで銀メダルを獲得して好調の高木美保選手の活躍に期待していた。しかし、先に滑走を終えたオランダのヨリン・テルモリス選手がオリンピックレコードを出す思わぬ展開に、二人の日本人選手がはそれを追うレース厳しいとなった。しかし、高木選手が好滑走を見せて、テリモリス選手の記録には及ばなかったが、その時点で2位につけて、小平選手の逆転への滑走を待った。彼女も最後までよく頑張ったが、0.26秒及ばず2位に終わった。それでも、小平選手が2位、高木あ選手が3位を奪取した。二人の日本人女性が同時に表彰台を占めるのは、夏冬オリンピック史上初めての大快挙だった。この時点で、筆者の感動もその器を越えて、暫くはしびれたまま感動に浸っていた。▲一方、朝から始まった藤井将棋と株取引は、明暗が分かれた。新人王戦一回戦に登場した藤井5段は相変わらず堅実な差し回しで快勝し、今年になって、初戦に敗れた以降は9連勝と絶好調である。いよいよ今週の土曜日の朝日オープンの準決勝、決勝が行われるが、藤井5段は、準決勝で、羽生永世7冠との公式戦初対局を行う。この日、もし2連勝してこの棋戦に優勝すれば、一気に6段に昇段するチャンスであり、。藤井ファンには見逃せない注目の一日である。▲かくかくしかじかで、昨日は感動的な勝負の一日となったが、唯一株取引だけが惨めな結果で、ここ10営業日連続で大敗が続いていて、大感動の素晴らしい一日にミソをつけているのがいただけない。▲いずれにしても、米国のホワイト、ドイツのエリック、オランダのテルモリスの3人のスーパースターの偉大な記録の前に、無念の苦杯を喫することになった日本人選手たちだったが、後期高齢者の筆者に、掛け替えのない素晴らしい感動与えてくれた素敵な一日となった。貴重な冥土の土産の一つとして、この感動を持参するバッグに仕舞っておこう。素晴らしい感動の一日に万歳!

2.プライベートコーナー
 1時半起床、体重、63.4kg、▲昨日は、いつものルーチン生活と違う一日を送った。お蔭でファミレスには遅れてお昼過ぎに顔を出したが、散歩は取り止めたスケジュールとなった。結果は、株以外は、感動いっぱいの一日だった。(18-02-15)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4080 タモリさんを踏み台に | ホーム | 4078 「表」と「裏」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP