FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4080 タモリさんを踏み台に

 NHKの人気番組、「ブラタモリ」のアシスタントが交代する。個性豊かな人気タレント、タモリさんの相手をするのは容易ではないが、このポジションをこなして、人気アナにブレークする女子アナが続いている。言ってみれば、このポジションは女子アナの登竜門の一つで、彼女らは、タモリさんを踏み台にして、人気アナに出世して行く。

1.独り言コラム
 この4月からの番組改編で、この「ブラタモリ」のアシスタントが5代目の村田理沙アナ(29才、東京芸大卒)が担当する。直近まで福岡支局にいたアナだったが、抜擢を受けての嬉しい登板だ。▲この番組がパイロット版として始まったのは2008年12月で、初代のアシスタントは、筆者が好きな久保田祐佳アナ(35才、慶大卒)だった。それから定番に昇格し、2012年頃まで担当し、徐々に視聴率を上げて人気番組に成長させて行った。担当回数では最長の56回をこなした。▲2代目が首藤奈知子アナ(日本女子大卒、38才)だったが、お産もあってワンポイントリリーフの短期間の担当だった。そして、2015年4月から3代目として登場したのが広島支局にいた桑子真帆さん(東京外大、30才)の抜擢だった。彼女の独特の軟らかい対応ぶりが受けて、視聴率も順調にアップした。▲その桑子アナは僅か1年でブラタモリを卒業し(35回担当)、新番組の「ニュースチェック11」に抜擢、転身した。1年という短期間の担当だったが、この間のロケでは雨が多く、タモリさんは、彼女のことを「雨女」と呼んでいた。▲4代目として起用されたのが、現在担当している近江友里恵アナ(28才、早大卒)である。因みに、この方も桑子アナと同様に広島支局からの抜擢だった。選ばれた際に、「私でいいのですか?」と言ったそうだが、洗練されていない(?)荒削りの天然さが受けているようだ。彼女は結果的に2年間担当したことなる。▲卒業後の桑子アナは、1年で「ニュースチェック11」を卒業し、女子アナの憧れのポジションである「ニュースウオッチ9」に大抜擢されて活躍中だ。昨年末の紅白、目下開催中の平昌オリンピックの開会式の実況にも起用されるなどモテモテである。▲注目は、4代目の近江アナの続いての抜擢である。この4月から、有働由美子アナの後釜として「あさイチ」のキャスターを担当する。桑子アナといい、近江アナといい、二人続けて、タモリさんを踏み台にして大ブレークした。5代目の村田理沙アナの将来は何が待っているのか、楽しみである。

2.プライベートコーナー
 4時起床、体重、63.4kg、▲最近、文章をうまく書けなくなって来ているのに驚いている。かつてはスムーズに書けていたのが嘘のようだ。このブログももたもたしながらやっとさとなって来ている。これも老化現象の一つなのだろう。焦燥感を覚え始めている今日この頃である。(18-02-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4081 帰って来た! | ホーム | 4079 銀、銀、銀、銅、プラスαで大感動の一日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP