プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4085 暁斗、激闘に屈す

 平昌オリンピックも終盤に突入、残された競技数もあと僅かである。昨日まで積み上げた日本のメダル数は10個だが、金メダルは何としてもあと1個は獲得して、少なくとも主催国の韓国よりメダルで上位になって欲しいと思うのだが、…。

1.独リ言コラム
 オリンピック開幕前の調査会社のメダル予測で、金メダル確実候補の一人に挙げられていた渡部暁斗選手が、期待されたノルディック複合、ラージヒル決勝でもメダル獲得はならなかった。前半のジャンプでトップを確保しながら、後半の距離で24秒差を守り切れず、3人のドイツ軍団の猛追に屈し想定外の5位に終わった。渡部選手は、後半の距離の戦いでのペース配分を誤ったと語っていたが、同氏の無念さ思うと気の毒だった。▲金メダル獲得者が語る金言には、それぞれさすがと思わせる深いものが少なくない。「練習は裏切らない」、「為せば成る」、「怪我の功名」といったものはすんなりと頷けるが、「求道者でありたい」とか「メダルの有無よりの自分の納得する戦い云々」と言った高邁なものには筆者はついていけない。結果としてメダルの獲得があって、ファンは納得するものであることも確かである。▲さて、そのメダル争いは、ますますし烈さを増しているが、残された日本が期待できる種目は数少なくなってきている。今日、準決勝、決勝が行われるパシュート、今日、明日の2日間で行われる女子フィギュア、それにノルディック複合団体などに期待している。▲もう一つ、好調を維持している大健闘の女子のカーリングだが、今日のスイス戦がすべてである。何とか勝ってベスト4に入り、メダル確保に繋げてほしい。▲オリンピックのメダル獲得数は、ノーベル賞受賞者数と共に筆者は「日本国」の名誉をかけた国家間の高度な戦いだと思っている。改めて、「頑張れ!日本」である。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、63.7kg。 ▲3月4日に行われる第73回毎日マラソン大会の開催を告げる立て看板が一昨日から顔を見せている。春の訪れを告げる大津の風物詩である。本大会が大阪から滋賀県に移ったのが第17回大会(1962年)からで、今年で57年目である。アベベ、ショーターらの名選手が走ったのを思い出す。今は昔の話である。(18-02-21)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4086 地獄からの復活 | ホーム | 4084 そだね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP