FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4089 有終のハッピーエンド

 熱戦で盛り上がった平昌オリンピックも今日で終わる。昨日は、歓喜の「金」と「銅」の二つのメダル獲得の朗報が飛び込んできた。粘って、粘って、頑張った神様からのご褒美で、文字通りの歓喜のハッピーエンドだった。

1.独り言コラム
 今回から採用されたスピードスケートの新種目の「マススタート」で、高木菜那さんが終盤に見せた好滑走で、見事な逆転劇での金メダルの奪取は感動の圧巻劇だった。知識に乏しい筆者は、この種目で金メダルが奪取できるとは失礼ながら思ってもいなかっただけに、その驚きと喜びは格別だった。▲かくして、高木菜那さんは、この種目の初代優勝者となり、今大会で、自身二つ目の金メダルの獲得となった。日本女子選手が一大会で二つの金メダルを獲得は、妹の美帆選手が一大会で、金、銀、銅の3個のメダルを獲得した記録と同様に、日本人女性選手としては、夏冬オリンピックを通じて、史上初の快挙だそうだ。菜那、美帆の二人の姉妹の大活躍は、これからも語り継がれるであろう。▲一方、予選リーグで5勝を挙げて以降、勝ち星に恵まれず、3連敗していたカーリング女子の日本チームが、最後の最後に、神様からの嬉しいご褒美を頂戴した。3位決定戦の土壇場の奇跡のハプニングに列島は歓喜で揺れた。▲最終の第10エンドが最大の見せ場となった。1点をリードした先行の日本チームのスキップ藤沢五月選手が投した最終ストーンが、惜しくも狙いを少し外したことで、無念の逆転負けを覚悟した日本チームだった。しかし、そこで異変が起きた。相手のスキップが投げた最後ストーンが、ベストショットではなく、ハウスの中に溜まっていた敵味方の5つのストーンとミラクルな玉突きを起こした。一瞬、何が起きたかは定かでなかったが、すべてのストーンの動きが静止してつくられた最後のストーンの配置は、なんと、日本の黄色いストーンが、最も中心に近いラッキーな勝利のストーンとなって、日本の勝利が確定してゲームは終了した。洒落ではなく、まさに文字通りの「ラッキーエンド」だった。▲この最後の逆転風景は、日本チームは予選のスエーデン戦でも経験した。スエーデンのスキップ選手が投げたストーンが与えてくれた勝利と同様なラッキーストーンだった。スエーデンは、予選の最終戦で、ベスト4入りを狙っていたアメリカを倒してくれたことで、一度死んだ日本チームを生き返えらせてくれた幸運をくれたチームでもあった。この銅メダル獲得は、まさにスエーデン様々のお蔭だったともいえよう。▲8年前に、このチームのオーナーであるマリリンこと本橋麻里さんが創設したチームである。苦節8年、オリンピックという大舞台で快挙は、まさしく彼女の夢が見事に開花した歓喜の瞬間だった。彼女の涙に筆者も大きな感動を覚えていた。11試合という長丁場でのハッピーエンドに、列島の多くのファンは歓喜に揺れ、溜飲を下げていただろう。▲裏舞台での政治の動きは別にして、平昌オリンピックの有終のハッピーエンドに、万歳! である。

2.プライベートコーナー
 4時起床、体重、63.7kg。▲昼間眠い。ファミレスで過ごしている時間にうとうとしている時間が増えている。これは老化現象というよりは、テレビを遅くまで見ている、いわゆるオリンピック効果なのだろう。(18-02-25)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4090 万感に酔う | ホーム | 4088 舞台 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP