プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4095 竜王戦の仇を順位戦で果たす

 昨日行われた将棋順位戦最終局で、三浦9段がA級死守、渡辺竜王B1級へ降級が決まった。将棋ソフト不正使用で濡れ衣をかけられた三浦9段の頑張りに大拍手である。

1.独り言コラム
 今年度のA級順位戦最終局が一斉におこなわれた。名人への挑戦者はだれか、無念な降級者は誰か、それに濡れ衣で暫定的にA級に留まった三浦9段が、不正を口にした当の本人である渡辺棋王との対局結果が注目された。▲三浦9段は、中盤以降、終始局面を支配、終盤での渡辺棋王の反撃をしっかり読み切って快勝、堂々A級に留まった。▲敗れた渡辺棋王は、その時点ではまだA級残留の目もあったが、最後に残っていた深浦―久保王将戦で深浦9段が勝ったことで、B1級への降級が決まった。▲対局を終えてみると、最終局まで3敗で並んでいた豊島8段と久保王将が共に敗れたことで、大混戦、史上稀にみる6人によるプレイオフが決まった。▲豊島―久保―佐藤―広瀬―羽生―稲葉の順番で、パナマス方式で挑戦者を争う。昨日は空き番だった羽生さんが、順位的に有利なポジションにあり、名人復位に密かに闘志を燃やしているのではなかろうか。

2.プライベートコーナー
 4時半起床、体重、63.3kg。▲昨日体調が悪く通院、その結果、インフルエンザに感染していたことが判明、お薬での対応を始めた。有難いことに徐々に効果が出始めている。(18-03-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4096 プレイオフ | ホーム | 4094 将棋界で最も長い日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP