FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4097 応酬

 広辞苑には、「互いにやり合うこと。やり取りすること」とある。

1.独り言コラム
 将棋名人戦の挑戦者を決める6人によるプレイオフが、昨日から始まった。その第一戦は、最終局前では共にトップにいた二人の豊島8段、久保王将の対局となった。二人が共に最終局を落として、プレイオフにもつれ込んだのが嘘みたいである。昨日の決戦では、両者の好手の応酬の展開となったが、終始局面をリードしていた豊島8段が勝ち切った。次の相手は、佐藤9段(将棋連盟会長)との対局である。それにしても、このパナマ方式では、豊島は5連勝しないと挑戦権には届かない。その道は甚だ遠い。▲トランプ大統領が世界各国に貿易不均衡を是正するまた、鉄鋼、金属などの関連製品の関税をアップする。それに対し、欧州は即反応し、こちらも関税の増額で応酬する。この欧州の応酬、どちらに軍配(?)が上がるのだろうか。▲国民栄誉賞を受けたレスリングの伊調馨選手へのパワハラ問題が明るみに出た。レスリング協会が近々両者から意見聴取を行うという。それに対し、告訴した弁護士からは、その聴取は第三者委員会で行うべきと申し入れを知らたらしい。今後、両者間での際どい意見の応酬が交わされることになろう。展開を見守りたい。▲国会では、ここに来て、またまた飛び出した森友問題の関する調書の改ざん問題で揺らいでいる。今後、与野党間で激しい意見の応酬が考えられるが、展開次第では、安倍内閣の一強に手痛い打撃を与えることになりかねない。ちょっと心配だ。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、体重、63.5kg。▲風邪具合が少し良くなっていたので、買い物と散歩を兼ねて、琵琶湖マラソンの応援に出かけた。ゴール手前2kmの地点で、力走するランナーたちの息遣いにその迫力を実感。最後のランナーまでしっかりと応援した。▲この外出で無理をしたわけではなかったが、風邪がぶり返し始めている。完治するまでは慎重さが欠かせない。(18-03-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4098 苦悩する天才棋士 | ホーム | 4096 プレイオフ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP