FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4100 師弟対決

 師弟対決と言っても絵になる対決もあれば、ののしり合う醜い対決もある。今日は、将棋界で遂に実現した藤井聡太6段と師匠の杉本昌隆7段の注目の公式戦初の師弟対決である。

1.独り言コラム
 藤井聡太6段のこのところの強さは、非常に安定してきている。目下、先の29連勝に次ぐ13連勝中である。この間、羽生竜王を始めA級棋士をも次々と倒して来ており、実力をつけて来ていることは確かである。今日の師弟対決は王将戦の予選で、持ち時間3時間の比較的短い持ち時間の対局で、夕食時頃が勝負の山場となろう。藤井ファンには、今日はとても楽しい一日になりそうだ。▲師弟対決と言えば、レスリングの伊調馨さんがパワハラ問題で、師匠だった志學館の栄和人氏との対決が注目されている。今朝の携帯のミニ情報では、栄氏はショックで心身が衰弱し、日常生活を送るのが困難な状態で安静が必要だという。真実はどうだったのか、どんな結果が判明するのだろうか。調査結果を見守りたい。▲師弟対決と言えば、ほぼ半世紀前のロッキード事件の証人喚問を思い出す。全日空の元社長の大庭哲夫氏と当時の社長だった若狭徳治氏との凄い師弟対決があった。テレビが生々しい二人の対決を捉えていた。今は昔の醜い師弟対決だった。▲大相撲春場所が始める。傷害事件で怪我を負った貴ノ岩の出場か、休場か話題になっている。ここでは、貴乃花親方と弟子貴ノ岩とが一体となって傷害問題と取り組んできていて、師弟対決とは対照的な構図で、親方の強い愛情(?)に守られた貴ノ岩の対応が注目である。▲さあ、今日の藤井聡太6段は、どんな戦いぶりを見せてくれるのだろうか。堂々と快勝して恩返しを見せてくれることを期待しているファンは多いと思う。いずれにしても、ファンは美しい師弟愛を見たいと思っているに違いない。

2.プライベートコーナー
 1時起床、体重、62.8kg。▲昨日の午後は、所用で草津の病院へ。幸い、自分の風邪の症状は大分よくなってきている。(18-03-08)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4101 理事会 | ホーム | 4099 ニュースを楽しむ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP