FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4101 理事会

 昨日は、将棋界の師弟対決が大きな話題になり、弟子の恩返しに師匠の涙がニュースになった感動の一日だった。その一方で、注目の事案が扱われた幾つかの理事会が関心を集めた日でもあった。

1.独り言コラム
 昨日、朝の9時からの参院予算委員会が開かれる直前の予算委員会理事会がもめた。財務省が提出した森友文書に関し、疑惑の書き換えについての明言がなかったからである。このため、日本維新の会を除く全野党が反発、委員会への出席を見送ったことで、予算委員会は実質審議が出来なくて空転した。▲国会中継を見ていると、委員長が「別途、理事会に諮ります」という心地よいセリフを多用するのを耳にするが、厄介な問題を先送りにする便利な言葉だと受け取っていた。しかし、この理事会は大舞台を演出する裏取引のための特設の裏舞台なのだ。従って、その理事会が紛糾することはよくあるらしい。さあ、今国会の先行きはどうなるのであろうか。▲少し前までは、理事会と言えば、八角理事長を擁する大相撲協会の理事会が、元横綱の日馬富士の傷害事件の扱いで、マスコミの脚光を浴びて、その存在が大いに話題になった。その相撲協会も、間もなく始まる春場所を前にして難題を抱えている。3横綱が全員休場という昭和になって以来の初めての異変になりそうで、理事会メンバーたちも慌てているようだ。一難去ってまた一難のようだ。▲一方、昨日は、日本レスリング協会でも夕方から臨時の理事会が行われ、オリンピック5連覇を狙う伊調馨さん絡みのパワハラ問題の扱いについて協議された。差し当たっては第三者委員会が、伊調馨、栄和人の二人から事情を聴くという。週刊誌報道では、この問題も、根が深そうな事案である。▲ところで、理事会と言っても万能ではない。主流、反主流の主導権争いがカギを握っていて、一筋縄ではいかないのが厄介である。

2.プライベートコーナー
 2時起床、体重、62.5kg。▲お薬を飲み始めて1週間。しかし、咳、微熱があって治りきらない。厄介な風邪だ。(18-03-09)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4102 激震 | ホーム | 4100 師弟対決 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP