プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4103 波紋広がる

 米朝会談と森友文書の二つの話題がマスコミを席巻している。一方は地球規模、他方は日本ローカルだが、いずれも、その波紋がここに来て急速な広がりを見せている。

1.独り言コラム
 米朝会談が急遽設定されたニュースの波紋は大きい。日時、場所の具体的な内容は決まっていないが、世界の反応は総じて歓迎の意向が多い。国連の事務総長も例外ではない。▲安倍総理もトランプ大統領と緊急の電話会議に続いて、来月には訪米し首脳会談を行う。ここに来て、日米が強く主張し、実行し続けて来た圧力強化,維持の方針が北朝鮮を会話の方向に導いたとの自画自賛の解釈である。▲カギを握るのがなんと言っても非核化の検証可能な実行、確認の具体的なステップだ。この際に拉致問題の解決も取りこぼしてはいけない。▲先の日韓間の慰安婦像に関する不可逆的な合意でも、簡単に反故にされる世界である。また、騙されるようなことが起きない保証はどこにもない。世界が注視のこの動きからは目が離せない。▲一方、国会の空転を呼んでいる森友文書問題も新たな展開を見せそうだ。どうやら文書は複数ありそうで、改ざんされているものもあるようだ。来週早々にはその辺りのことが明らかにされそうで、国会も動きを見せるだろう。安倍内閣は大丈夫だろうか。日米関係で大きな力をはっきしている安倍内閣だけに、その強さを減じることになってはならない。▲さて、注目の大相撲春場所が今日から始まる。荒れる春場所は既に荒れているが、どんなヒーローが飛び出して来るかが期待である。一方、将棋界で、名人挑戦者を決めるA級順位戦のプレイオフは昨日2回戦が行われ、豊島将之8段が佐藤康光9段を破って3回戦に駒を進めた。明日、広瀬章人8段と戦う。豊島8段は王将戦に挑戦中で、二つの棋戦を股にかけた厳しい日程で、知力、体力をかけた大変な戦いに挑んでいる。女神は微笑むのだろうか。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重、62.5kg。▲風邪が完治していないようだったので、念のため病院へ。ほぼ治っているという。安心して、午後には久しぶりの散歩。補修工事が終わったばかりの国道161線の出来上がったばかりの歩道を歩いた。気分は良好だった。(18-03-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4104 国益を考え、安倍続投に期待 | ホーム | 4102 激震 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP