プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4104 国益を考え、安倍続投に期待

 森友文書は複数存在、佐川元長官も関与、安倍内閣は絶体絶命のピンチ。果たして、この危機から安倍内閣の脱出は可能なのだろうか。今週は、固唾を飲んで国会運営を見守ることになる。

1.独り言コラム
 蟻の一穴ではなかった。空いていた穴は小さくはなく、相当に杜撰で脆かったようだ。安倍内閣にとっては想定外の大ピンチ。前にも書いたが、敢えて例えれば、アウエーでの無死満塁の大ピンチである。最少失点の覚悟はやむを得ないとしても、この戦いに不覚を取ることは許されない。▲急転の米朝会談に向かって世界が大きく動き出しているこのタイミングで、日本の国益を考える時、エース安倍なくして日本は勝つことはできない。自民党は、ここは何としても安倍内閣を守る戦術が必要だ。▲秋の総裁選が見えていて、総理を目指す候補たちの思惑が微妙に交錯する。ここは、国益を考えた対応が求められる。どんなドラマが待っているのだろうか。▲折りしも昨日は、7年目の3.11だった。安倍内閣も7年目の内閣に向けての大試練である。日本にとって大変な戦いの始まりになりそうだ。ここでは、筆者は力強い安倍続投を願っている。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、体重、62.7kg。▲昨夜は町内の自治会があって、一年間務めた役員の改選を迎えての締めの会議があった。評議員という役割を受けて心配した筆者だったが、途中でくたばることなく、無事卒業ができそうだ。ほっとした気分である。(18-03-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4105 凄い男意気 | ホーム | 4103 波紋広がる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP