プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4105 凄い男意気

 今、二人の男の戦いぶりに注目している。凄い頑張りを見せているのだが、…。

1.独り言コラム
 将棋界は、ともすれば藤井聡太6段一辺倒の人気だが、どっこい、ここに来ての豊島将之8段の頑張りは凄い。名人挑戦者争いのプレーオフ、それに王将戦挑戦者としての厳しい日程をこなして勝ち続けている。▲3月2日に行われたA級リーグの最終戦で、不覚にも敗れたことから、一転して6人によるパナマス方式でのプレーオフの戦いに参戦している。順位が最下位の豊島8段は、昨日の第3戦にも勝って、いよいよ今度の日曜日に、羽生竜王・棋聖との対局が組まれた。挑戦権獲得までマジック2である。▲もともとこのA級リーグ戦では第5局までは全勝で、このまますんなり挑戦権を獲得するのではと見ていたのだが、その後、意外にも1勝4敗と負けが込み、不利なプレーオフとなっていた。▲同棋士は、年初から、並行して王将戦7番勝負にも挑んでいるのだが、ここでは久保王将の前に1勝3敗と崖っぷちに追い込まれてしまっていたが、先週に一つ返して、目下2勝3敗、明日からの第6戦に挑む。▲とにかく3月2日の順位戦に敗れて以降、今週末までに6局をこなすのだが、そのうちの王将戦の2局は2日制、移動日が2日必要なことから、この16日間で、6局(うち、2日制2局、移動日4日)で、実に12日間を将棋の戦いに費やしている。とにかく、頭を使う戦いで、1日14時間近い戦いは激務を越える。恐らく、男意気を感じながらの大変な戦いをこなしているのだろう。当月末までに残り4局があり、一つでも負けると夢が消滅するという激務なのだ。凄い男がいたものだと思う。▲もう一人、忘れてはならないのが、ここに来て弾けた森友文書問題で、安倍総理を守るべく、人柱として野党との闘いの矢面に立つ佐川宜寿元財務省理財局長の存在だ。同氏は、恐らく、意気に感じて、身体を張って、この難局を受けて立つのではなかろうか。この種の大きな戦いには、そんな男が必要なのだ。譬えにもならないが、筆者がかつてカルテル問題で手入れを受けた際に、その問題の責任者として、会社を代表してけなげにも公取と戦った時の男意気を思い出している。佐川氏、頑張れと申し上げておこう。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、体重、62.6g。▲風邪を引いて以降、まだすっきりとした体調に戻っていない。それでも、昼間ファミレス、午後、散歩のルーティーンスタイルは意識して戻しつつあるのだが、…。(18-03-13)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4106 墓場まで持ってゆく | ホーム | 4104 国益を考え、安倍続投に期待 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP