プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4112 致命的な失言

 口は禍の元である。うっかり言ってしまった一言が流れを変えてしまうことはよくある。

1.独り言コラム
 昨年の2月17日の衆議院予算員会での森友学園問題に関して、「私や妻がこの事件に関わっていたら、間違いなく総理や国会議員も辞める」との安倍総理の大胆発言が、下手すると命取りになりそうな展開になって来ている。▲同年7月1日、翌日の都議会選挙を控えて、秋葉原で行った最後の応援演説で、「安倍辞めろ」、「安倍帰れ」の聴衆のコールに、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」の発言も大変なマイナス効果を生み、都議選での大敗に繋がった。▲一方、その都議選で黒い鼠を追い落すなどで大勝した小池百合子都知事だったが、衆議院総選挙を目前にした段階で、民進党との合流に関し、「排除します」と冷徹に言ってのけた一言が小池ブームを終焉に導いた。▲最近では、女子レスリングのパワハラ問題で、志學館大学の谷岡郁子学長の「パワーの無い栄和人さんにパワハラが出来ますか?」とか「伊調さんは選手ですか?」との同学長の違和感に満ちた発言、不見識さが世間の批判を浴びている。▲TBSのサンデーモーニングのスポーツコーナーは張本勲氏の「あっぱれ!」、「喝!」の発言が世論を敵に回すことも少なくない。思い出すのはイチロー選手がデビューした際に、彼の打撃を見て、「バットに当てているだけですからね」と批判的な発言をし、大成は難しいと云った発言をしていたのを思い出す。▲その張本氏が、先日、MLBに移籍した大谷翔平選手について、自分は4分6分で成功しないと発言していた。確かに、オープン戦での成績は全く芳しくなくて心配だが、…。張本氏の大失言であって欲しいと願っている。▲「小さなロケットマン」、「おいぼれ親父」と云った米朝首脳の子供しみた発言は、うっかり発言ではなく、それなりに意味を込めての大人の漫画だったが、その舌の根も乾かぬうちに、首脳会談の話に転回している。▲敢えて繰り返すが、まさしく、口は禍の元である。さあ、安倍総理はこの禍からの脱出は可能なのだろうか。安倍総理を一ファンとしての応援して来た筆者だが、ここに来て諦め気分を否定し切れなくなりつつある。頼みの防波堤は佐川宜寿元理財局長、それに麻生太郎財務相なのだが、…。

2.プライベートコーナー
 1時半起床、体重、63.2kg。▲風邪がほとんど治っているようだが、何故かすっきりしないものが残っている。吹っ切れない早春賦のような気分である。(18-03-20)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4113 勝つのは誰だ! | ホーム | 4111 妙に「6」が絡んでいる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP