プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4113 勝つのは誰だ!

 戦いは世の常である。勝ってなんぼの世界である。毎日展開されている勝負の世界で、その展開を興味深く楽しませて(?)貰っているのだが、…。

1.独り言コラム
 森友文書改ざん問題で、支持率低下が始まって窮地に追い込まれている安倍内閣である。ここに来てその局面打開を図るために与野党が合意して佐川宜寿前理財局長の証人喚問を衆参両院で行うことを決めた。果たして、佐川氏の証言が安倍内閣を救うことになるのか、はたまた、不毛の戦いに突入するのか、国民の世論の流れを決める重要なステップである。勝つのはどっちだ? ▲米朝の首脳会談を巡っての駆け引きも活発なようだ。平昌オリンピック、ロシアの選挙も終わり、国際政治も新たな戦いのステージに突入した。ここからが正念場である。思うに、肝心の北朝鮮が時間と金と時間をかけて開発した大事な「核、ミサイル」を廃棄に踏み切るとはとても思えない。勝つのはどっちだ? ▲大相撲春場所も今日から後半戦に入る。前場所と同じく全勝の鶴竜が場所を引っ張る形で進行している。それを追う形で1敗の魁聖、2敗の高安、逸ノ城、それを追う7人の3敗組(豪栄道、栃ノ心ら)も虎視眈々とチャンスを狙っている。勝つのは誰だ! ▲4月から始まる将棋名人戦への挑戦者を決める6人の棋士によるプレイオフも、今日行われる羽生善治竜王とA級1位の稲葉陽8段との間で最後の決戦が行われる。稲葉8段が勝てば、昨年敗れたリターンマッチとなるし、羽生竜王が勝てば、タイトル数がちょうど100個目という大節目のタイトルをかけての名人戦という大舞台となる。佐藤天彦名人も、防衛に成功すれば、名人3期目となり、第20世永世名人の確保が見えてくる。勝つのは誰だ! ▲来週からは、センバツ高校野球、それにプロ野球ペナントレースも開幕する。楽しみは多いが、世界の平和を考えると安閑とはしていられない。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、63.2kg。▲昼間ファミレスなどで過ごしている際に、同年配のご夫婦や孫を連れたご家族の和気あいあいさを見るととても羨ましさを覚える。妻が生きていてくれたら、と思うことが多い。老人の一人暮らしの寂しさを実感している今日この頃である。(18-03-21)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4114 100期目のタイトルは名人戦で | ホーム | 4112 致命的な失言 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP