プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4120 佐川証人、大舞台を堂々演じ切る

 注目された佐川元理財局長の証人喚問が行われた。まさに佐川ワンマンショーと云った内容で、衆参両院でのそれぞれ2時間以上に渡る舞台を力強く好演し、堂々とほぼ完璧に演じきった。

1.独り言コラム
 大舞台に登場した佐川証人は、きりっと引き締まったシャープな顔つきで、浴びせかけられる多くの質問に堂々と渡り合った。焦点だった安倍総理、昭恵夫人、官邸からの関与がなかったことを明言したが、何時、誰が改ざんしたかについては、水戸黄門の印籠ではないは、「刑事事件の訴追の恐れがある」の伝家の宝刀の決め台詞を50回近くも多用して切り抜けた。▲要するに、佐川宜寿氏は、恰も武蔵坊弁慶が立往生で義経を守ったように、自らが盾となって財務省、官邸を守り切ったのだった。官僚答弁としては模範的な答弁で、財務省の未来を守ったとの与党側の評価だった。▲野党側としては攻めあぐみ、共産党の小池氏が我慢しきれずに、吠えてはみたがいかんともし難い無様な敗北に終わった。その結果、野党の不満はますます高まっており、今後、昭恵夫人、谷査恵子元昭恵夫人付け、更には、当時の田村嘉啓室長などの喚問を要求することになろう。▲この日の東京の空は雲一点もなく晴れ渡っていたが、永田町界隈は、落としどころが見つけにくい暗雲が垂れ込めたままで、これから、まだ一雨も二雨もありそうな雲行きだ。これからクライマックスを迎える安倍三選を巡る波乱万丈含みのドラマの展開に注目している。

2.プライベートコーナー
 4時起床、体重、63.5g。▲昨日、かつて仕事でお付き合いした大手顧客のキーマンだったKTさんと京都駅近辺で昼食を共に歓談した。楽しいひと時だった。(18-03-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4121 面目躍如/やってくれるじゃないか! | ホーム | 4119 壁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP