FC2ブログ

プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4222 世界が注視、北朝鮮の俊敏な動き

 34歳の若さのトップ、金正恩委員長が思い切った動きを見せている。行き着く先が朝鮮半島の非核化だというのだが、…。夢物語に終わるとの見方も否定できない。

1.独り言コラム
 切っ掛けは、北朝鮮が平昌オリンピックで参加を表明したことだった。アイスホッケーでの混成チーム、美女応援団の派遣が流れを変えたことは確かである。その直後の金正恩委員長の妹、金与正の訪韓で南北友和への足場を固め、南北首脳会談、そして、米朝首脳会談へと繋がった。とんとん拍子の展開である。▲今でもそうだが、これは北朝鮮の時間稼ぎだと揶揄する向きも否定できない。それというのも、折角完成に漕ぎ着けた核、ミサイル技術、兵器を放棄するということが信じられないからである。▲しかし、流れは急だった。信じられない北朝鮮の動きに世界が驚いた。そこには、国連で幾度も採択された北朝鮮への経済的な締め付け、制裁が効果を出し始めた成果だとの見方がある。▲そんな最中に、北は更なる驚きの動きに出た。中朝首脳会談である。電光石火の離れ業だった。親父さんの金日正総書記が使用したと同じお召列車を使っての北京訪問を行い、習近平主席との首脳会談を敢行した。会談でメモを取るという臣下の礼をも示しての応接はなかなかの応接だった。来るべき南北、そして米朝首脳会談を控えての強力な応援団を作り挙げたのである。▲なかなかの外交手腕を発揮した金日恩委員長だ。あれだけの多くの側近を処刑したにも関わらず、そんな頭のいい戦略を生み出す側近を抱えていることにびっくりである。▲注目の南北首脳会談は4月27日に決まった。10年ぶり3回目の南北首脳会談である。着々と米朝首脳会談に向けての段取りが進んでいる。拉致問題を抱える日本が、ここに来て蚊帳の外に置かれているのが気がかりだ。差し当たっては日米首脳会談が画策されているが、まだ日時は確定していない。鉄、アルミの関税問題でも、日本はアメリカからの除外対象には選ばれていない。トランプ、安倍の蜜月の関係に不安が生じている。▲さて、今日、プロ野球が開幕する。その醍醐味の一つに完全試合という大記録があるが、これは、あれよあれよという間に達成されることが多い。その一方で、9回2死まで完全試合に迫りながら、27人目の打者に夢を壊された事例も幾度かある(2013年レンジャーズのダルビッシュもその一例)。この北朝鮮の非核化はすんなり達成されるのだろうか。▲昨日のNHKのニュースで、面白いジョークが披露していた。それは、「『北が嘘をつくとき』、それは『北が口を開くとき』である」というのだ。大喜利なら、座布団二枚の出来栄えだ。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、63.5kg。▲インフルエンザ、喘息の再発で一時は体調を崩していたが、ここに来て、幸い体調は戻ったようである。高齢者の一人暮らしには、健康が最も嬉しい神からの贈り物である。(18-03-30)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4223 2018年度の未知なる戦いは既に始まっている | ホーム | 4121 面目躍如/やってくれるじゃないか! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP