プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4124 お帰りなさい!

 平昌オリンピックで大活躍した選手たちが「お帰りなさい」の大歓迎を受けたのは、つい先日のことでまだ余韻が残っている。▲いよいよ始まった今年の野球シーズンを迎え、そんな嬉しい「お帰りなさい」の歓迎の言葉で迎えられた選手たちのも何人かいる。また、多くの日本人が、心からの「お帰りなさい」の言葉で迎えたい気の毒な方々もいる。

1.独り言コラム
 今年も野球シーズンの到来である。日米のプロ野球が開幕、センバツ高校野球はいよいよ大詰めで今日ベスト4が決まる。▲プリ野球では、開幕ゲームとなった呼び物の伝統の巨人―阪神戦は、一昨日の初戦を落とした巨人が、昨日は、前半の4点差を終盤でひっくり返して巨人が雪辱した。▲この試合で、後半の同点に追いついた直後の7回に中継ぎに登板した沢村拓一投手は537日ぶりのカムバックだったが、往年の力を発揮、しっかり押さえて気を吐いていた。また、8回には、MLBから10年ぶりに戻って来た上原浩治投手が、リードした8回に登板して3人で切って取り、力を発揮していた。二人には、多くのファンから「お帰りなさい」の声が飛んでいた。▲一方、MLBでは、マリナーズに戻ったイチロー選手が、開幕戦にスタメンで出場した。ヒットは出なかったものの、ファンからの「お帰りなさい」の大きな声援を受けていた。▲甲子園のセンバツでは、昨日の3回戦で、彦根東高校と近江高の滋賀県勢がベスト8を目指して大健闘だった。彦根東のエース増居投手は、花咲東を9回までノーヒットの好投をしたが報われず延長戦で、「東」対決で破れた。一方の近江高校は6回まで3-0とリードする颯爽としたゲームを展開したが、7回に同点に追いつかれて延長戦にもつれ込んだ。そして、奇しくも両チーム共に延長10回裏に悔しいさよなら負けを喫した。県民は、両チームの大健闘に、「お帰りなさい」と暖かく迎えることになる。滋賀県から3校も選ばれて話題になった今年のセンバツだったが、残念ながら、滋賀県としては2勝3敗に終わった。記憶に残るセンバツ大会となった。▲北朝鮮を巡る世界の情勢は急速に動いている。南北、中朝、米朝の首脳会談に世界の目が注がれているが、日本は蚊帳の外の展開だ。水面下での日朝会談の動きが画策されていると思うが、一刻も早く、拉致被害者らが、「お帰りなさい」の大歓迎で迎えられる日が訪れることを期待している。「頑張れ、安倍総理」と申し上げておこう。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重、63.5kg。体調は良い。▲初夏のような良いお天気が続いていて、ジャケット、ズボン、下着など、春物に切り変えた。気分も宜しい。▲3月度の散歩は16日間実施、歩いた総距離は前月並みの37.7kmだった。1週間ほどインフルエンザで休んだが、よく頑張った一か月だった。闘志も健在である。(18-04-01)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4125 55に纏わる最近の話題 | ホーム | 4223 2018年度の未知なる戦いは既に始まっている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP