プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4129 群を抜いている

 どこの世界にも突出した人材、団体は存在する。群を抜いて優れている場合は大歓迎だが、旧態依然で群を抜いている団体などは論外である。

1.独り言コラム
 大谷翔平選手が投打に渡る群を抜いた活躍である。3試合連続ヒット、2試合連続ホームランとべーブ・ルースを凌ぐ快調な出だしだ。本人も出来過ぎとインタビューに答えているし、心身共に絶好調な時期なのだろう。勝負は、やがて訪れるスランプの際の戦いだ。どんな対応で克服するのかが楽しみでもある。▲そんな大谷選手の大活躍で、センバツで春2連覇を果たした大阪桐蔭高校の活躍が、少し影が薄かったようだ。プロ野球のドラフト会議で話題になりそうな選手が幾人もいるようで、今の同校の強さは群を抜いている。夏の大会での優勝も視野に入っており、3期連続の優勝の期待が大きい。▲国会では、新たにイラク派遣時の日報が見つかったことで紛糾、混乱している。森友文書に次ぐ文書管理の問題なのだが、この日報は、一年も前に見つかっていたにもかかわらず隠蔽されていたから厄介だ。今まで群を抜いた強さを誇っていた安倍内閣もいよいよ苦しい立場に追い込まれている。この苦境の脱出法はあるのだろうか。▲群を抜いた強さを誇る藤井聡太6段が、昨日、高校生になって初めての対局を行った。相手は、昨年10月にプロデビューしたばかりの新鋭の古森悠太4段(22才)だったが、将棋内容は何時ものような切れ味は今一つだったが、なんとか今年度の出だしを白星で飾った。▲南北友和が進む中で、北朝鮮の金正恩委員長が中国の習近平主席に、今度はかつての6か国会議への復帰の意思を伝えたという。あれやこれやと友和に向けて積極的な動きを見せているが、肝心の核、ミサイル廃棄についての具体的に進んでいるようには見えない。掴み処の無さでは、トランプ大統領を凌いでいて、群を抜いている厄介なる政治家である。▲大相撲の舞鶴巡業で、土俵上で挨拶していた舞鶴市長がくも膜下出血で倒れた。この緊急事態に、観客の中にいた救命士の資格を持つ女性が土俵に上がって心臓マッサージなどを施していたが、女人禁制の土俵に固執した相撲協会の対応が、「女性は土俵を下りて」と促したという。後に、八角理事長がお詫びの挨拶をしていたが、暴力問題など問題続きの大相撲協会は、群を抜いて近代化が遅れている公益財団法人である。パワハラで調査を受けているレスリング協会も同じ穴のムジナかもしれない。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重、63.9kg。▲椿や木蓮(?)などの花が綺麗に咲いていたが、それらの花が落ち始めた。椿は一つずつゆっくりと落ちているが、木蓮は2~3日間で一気に白い花びらを散らした。それらの後始末で朝夕、大わらわである。(18-04-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4130 AIソフの悩む姿に興味あり | ホーム | 4128 二刀流、デビュー弾で大洗礼 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP