プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

4133 惑星由来でない

 かつては怪物と呼ばれた江川卓、ゴジラの愛称で親しまれた松井秀喜は野球界で頑張った男である。一方、百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」の主人公出光佐三も世界を相手に戦った凄い男だった。

1.独り言コラム
 本拠地での投手としてのデビュー戦を果たした昨日の大谷翔平投手は、立ち上がりから連続3三振の好スタートを切った。その後も快投が続き、6回を投げ終えた時点では、もしかしたら、大変な記録を創るかもしれないという期待が筆者の脳裏を占め始めていた。▲しかし、その夢は7回1死から2番打者に三遊間を破られてその途切れた。見応えがあったのは、その回のその後2死2.3塁のピンチを三振で抑え切って失点しなかった力投だった。この上ない素晴らしい本拠地デビュー戦で、ファンは大喜びだった。▲毎日新聞夕刊は、「12K大谷SHOW」の見出しで報じていたし、ネットでこのニュースを調べてみると、米スポーツサイトの「デッドスピン」は「ショウヘイ・オオタニハ明らかにこの惑星由来ではない」とその衝撃を伝えていた。この他に、「野球星人大谷」、「地球外生物」と云った言葉もあり、このスーパースターの愛称は、今後も幾つかの候補が登場するだろう。▲大リーグで先発デビューした日本人投手は、野茂英雄投手以降17人を数える。大谷選手の目標は、二刀流では、ベーブ・ルース、投手では、野茂英雄を越えることであろう。やってくる不調時をうまく乗り越えて新しい歴史を創って欲しい。これからが楽しみである。

2.プライベートコーナー
 3時起床、体重、63.8kg。▲昨日未明、このブログを書いている時、かつての311の時と同様な身体の緩やかな揺れを覚えた。間もなく、テレビで島根地震の発生を伝えていた。酔っているようなゆらりとした揺れで気持ちいいものではなかった。(18-04-10)
関連記事
スポンサーサイト

<< 4134 新曲、鳰の湖(におのうみ) | ホーム | 4132 謝らない誤り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP