プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

511 イタイイタイ病

 イタイイタイ病が国内最初の公害病に認定されて、5月8日で40年になったと昨日の毎日新聞夕刊が報じていた。筆者の記憶にも、確か、学校の教科書、或いは参考書のようなもので、富山県の神通川流域で奇病が発生しているという記載があったのをかすかに覚えている。三井金属から分離した神岡鉱業から排出されたカドミウムが原因の公害で、いわゆる四大公害病の走りだった。
 日本の高度経済成長期、つまり1950年代後半から1970年代に、他にもこの種の公害により住民に大きな被害が発生していた。熊本の水俣湾での水俣病、新潟の阿賀野川流域での第二水俣病、そして四日市のコンビナート地区でのぜんそくが、いわゆる四大公害病と呼ばれるものだ。水俣病はメチル水銀、ぜんそくは硫黄酸化物によるものもで、いずれも金属や鉱物がばら撒かれたことによるもので、当時はその辺りの毒性に関する知見がなかったと思われる。
 いずれも、戦後の苦しい中を、日本の発展のために、わき目もふらずに一生懸走っていた結果、起きていた公害で、今も多くの患者が苦しんでいる現実を思うと本当に気の毒な被害者であると改めて思う。
 一般家庭でも「然り」だ。夫が一生懸命に家族のために、仕事に頑張ってきていた過程で、つい家庭がおろそかになり、その結果、家族が思わぬ病気などの不幸に追い込まれてしまっていたようなもので、悪意がない頑張りの結果だけに、余計に胸が痛むのであるr。筆者の場合も、妻の難病を思うとき、我田引水ではないが、そんなセンチメンタルな思いに駆られる一面がある。
 
2.昨日の雅子(127)
 訪問したときにはちょうど入浴中だったが、戻って来た雅子は、いつになく疲れていたようで、暫くベッドで横になってやすんでいた。声の発声力が弱く、発音の不鮮明さは、それまでよりも悪化していて、本人のいうことを確認するのに大変苦労した。今後が心配である。

3.連載(476) 難病との闘い 第2部 小さな幸せを求めて(103)
  第四章 季節は移るⅠ 2008年春から初夏へ (7)

(1)苦労と一緒に(その7)
 気になっていることは他にもある。既に、紹介した内容と重なるが、今一度、ここで纏めて置こう。
 一つ目が、椅子に座って過ごすことが多いことから起きるお尻の痛さだ。何しろ、椅子に座って過ごす時間が、一日およそ10時間以上になる。風呂上りに少しベッドに横になることもあるが、時間的には大したものではなく、睡眠時間10時間を除く14時間から、食事の時間の3時間を除いた以外の10時間ぐらいは椅子に座っている。お尻が痛くなるのは当然で、見はからって、身体を持ち上げてやって、少しお尻の位置を変えてやることも必要で、一考の一つの役割である。しかし、最近はこの作業が重くて容易でなくなっていることが悲しい。
 二つ目が、姿勢が俯き加減になってしまうことである。椅子に座っていて、頭が下がった俯きの姿勢になってしまうのである。このままでは、首が折れ曲がってしまうのではないかと思うこともある。気がついて、時々、持ち上げてやるが、自分で支えているのが大変らしく、直ぐに戻ってしまう。美容室で洗髪する際のような姿勢を意識的に増やすようにしたいと思っていて、自宅に置いてきた電動マッサージ付きチェアを、電気屋さんに頼んで持ち込んだ。少しずつ姿勢の矯正を図るようにしている。
 三つ目が、口を開くとよだれがこぼれてくることだ。何かお話しようとして口を開くとそうなるのだが、これを拭うのも一考の役割でなる。衣服を汚すこと以外には問題はないが、本人は結構辛いのではないかと思う。それに、最近、口を開くのも、思うようにスムーズに開かない傾向がある。恐らく、口の周りの筋肉の運動能力の低下だろうと思うが、若し、開かなくなったら一大事である。そうならないことを祈っている。
 四つ目が、まぶたが開き難くくなってきていて、時によっては目を閉じているように見えることがある。心配になって「見えるかい?」と聞くと、非常に細い隙間から、辛うじて目を除かせて、「見えるよ」と言ってくれるが、これまた心配の一つだ。まぶたの筋肉の運動能力が弱ってきていると思われる。
 こうして、見ると、症状の悪化は、顔の部分的な筋肉の動きに影響を及ぼしてきているようで、病魔は懲りずにしつこく深く潜行して進行していることが分かる。神様に、本当に、もういい加減にしてくれと言いたいし、そうお願いしている毎日だ。(以下、明日に続く)
関連記事
スポンサーサイト

タグ : イタイイタイ病 水俣病 ぜんそく 四大公害病

<< 512 途切れる | ホーム | 510 筋書き通り? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP